スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(人物) ブライアン・ジョーンズ 

Brian Jones

ブライアン・ジョーンズ(Brian Jones、Lewis Brian Hopkin Jones)
1942年2月28日~1969年7月3日(享年27歳)

 ライアン・ジョーンズはローリング・ストーンズの創始者であり初期ローリング・ストーンズのリーダー的存在であった男である。ラストデイズの項で述べたカート・コバーン然り、ロック系のミュージシャンには20代(特に27歳)で死に、伝説化されてしまう人が多いが、ブライアン・ジョーンズもまた、1969年に自宅のプールで変死体で見つかり、27歳でこの世を去った男である。
 そういった若くして死んだミュージシャンをテーマにした映画が過去にしばしば作られているが、代表的なものとして、70年代パンクの象徴とされるセックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャス(享年21歳)と彼の恋人の最後を描いた『シド・アンド・ナンシー』(1986年制作)、60年代後半反逆のカリスマとして名声を集めたドアーズのヴォーカル、ジム・モリソン(享年27歳)のパブリックな生涯を描いた『ドアーズ』(1991年制作)、同じく60年代後半ヒッピーの女王として君臨したジャニス・ジョップリン(享年27歳)をモデルとした女性ロックシンガーのプライベートを描いた『ローズ』(1979年制作)、90年代グランジの寵児として多くの若者の支持を得たNIRVANAのギター&ヴォーカル、カート・コバーン(享年27歳)の死にインスパイアされた『ラストデイズ』(2005年制作)が挙げられる。

 そして本頁でとりあげたブライアン・ジョーンズの伝記映画が今年の夏、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』(原題/Stoned 監督/スティーブン・ウーリー)というタイトルで公開されるという。これまでブライアン・ジョーンズの死については自殺、他殺、事故と様々な憶測が囁かれてきたが未だその真相は明かされていない。一般にはアルコールとドラッグの過剰摂取によるものとされているが、実際検死の結果、死の直前彼は致死量に至るアルコールもドラッグも摂取していなかったという。さらに近年、ブライアン・ジョーンズの自宅の改築を担当した建築業者フランク・サラグッドが、1993年に亡くなる直前、自分がブライアン・ジョーンズを殺したと告白したことで、他殺説が有力化している。スティーブン・ウーリーの映画では、この他殺を前提とし製作されたリアルな伝記映画に仕上がっているようである。ミック・ジャガーやキース・リチャーズ等の現存するオリジナル・ストーンズ・メンバーの検閲により、過去ブライアンに関する話題はメディアになかなか浮上してこなかっただけに今回の映画化は、映画好き、かつロックオタクである私としては嬉しい限りである。

 個人的なブライアン・ジョーンズに対するイメージを述べたいと思う。ブライアン・ジョーンズはその天性の才能でローリング・ストーンズと言う巨大なバンドを作り上げた男であるが、その才能から来るプライド故にバンド内で孤立し、行き場を失いドラッグに溺れ廃人と化した男である。弟分であったミック・ジャガーやキース・リチャーズにその座を奪われバンドを追い出された男である。あまりにも、完璧すぎたため孤立してしまった男である。
 これが私のブライアン・ジョーンズに抱くイメージである。ひたすら哀れとしか言いようのない男であると思う。

 晩年の彼は弟分であったミック・ジャガーやキース・リチャーズに邪魔者扱いされ、ライヴでもタンバリンやマラカスを演奏させられていたという。実際、彼の最後のステージとなる「ロックンロール・サーカス」というストーンズのライヴにおいて、彼はとても哀しそうな虚ろな目でただただマラカスを鳴らしていた。
 ある意味天才というのは孤立してしまうものであると思う。彼はどんな楽器でも短時間で弾きこなしてしまったといわれている。楽器演奏能力においてはストーンズ内でもずば抜けていたという。そんな彼がバンド内でリーダーの座をミック・ジャガーに奪われてしまった決定的な理由がソングライターとしての能力に欠けていたためだという。彼が在籍していた頃の60年代のストーンズは、それ以前の黒人ブルーズを追求しカヴァーおよびアレンジしていたバンドである。しかし、同時代のビートルズやキンクス、ザ・フーがそれぞれ独自の音楽性を定めオリジナルのロックを量産するに従いストーンズもオリジナルのロックを追求し始める。それでもブライアンはあくまで白人による黒人ブルーズの追求にこだわったという。そこで、ミック・ジャガーやキース・リチャーズと摩擦が生じ彼は孤立してしまう。私自身がそうであるのだが、多分、多くのストーンズファンはローリング・ストーンズというバンドには純粋なブルーズは求めていないと思う。正確にいえばバリバリのロックナンバーの中、たまにバラードやブルーズがあれば良いといった感じだろうか。そういった意味で一般的なストーンズファンはそこまでブライアン・ジョーンズに幻想は抱いていないと思う。極論であるかもしれないが、ストーンズファンとブライアンファンとは別物であるともいえる。しかし、ブライアン・ジョーンズという天才が居たからこそ今のストーンズがあるのもまた事実である。そういった意味でローリング・ストーンズさらにはロックンロールというものを語る上でブライアン・ジョーンズは避けては通れない存在であると思う。

 私自身、ブライアン・ジョーンズに対しそこまで深い興味はなかったのだが、今回伝記映画が制作されたことをきっかけに、よりブライアン・ジョーンズに注目して見ようと思う。



Original Stones

 最後にオリジナル・ストーンズの写真を。左から、ブライアン・ジョーンズ(gt)、ビル・ワイマン(ba)、チャーリー・ワッツ(dr)、キース・リチャーズ(gt)、ミック・ジャガー(vo)。

ローリング・ストーンズ来日公演 (2006.4.2 さいたまスーパーアリーナ) 

The Rolling Stones

SET LIST

Jumpin' Jack Flash
It's Only Rock'n Roll
Let's Spend The Night Together
Oh No Not You Again
Sway
Wild Horses
Rain Fall Down
Midnight Rambler
Tumblin' Dice
This Place Is Empty (Vocal: Keith Richards)
Happy (Vocal: Keith Richards)
Miss You (B-stage)
Rough Justice (B-stage)
Start Me Up (B-stage)
Honky Tonk Woman (B-stage)
Sympathy For The Devil
Paint It Black
Brown Sugar

(Encore)
You Can't Always Get What You Want
Satisfaction

3月22日の東京ドーム公演がめちゃめちゃ良かったんで、今日たまアリの追加公演にも行って来ました。人生で二度目の生ストーンズです。前回は東京ドームという馬鹿デカいハコの2階席だったんだけど、今回はたまアリ(普通に考えればたまアリもオオバコだよな)のS席200レベルで参戦しました。本当はアリーナで参戦したかったんだけど、そんなん気にならないくらいのライブでした。

今日のライブ、まず音が東京ドームより全然良かった。東京ドームは俺の居た2階席は音がバラバラで、しかも何か籠ってて、微妙に曲が分かり難かったんだけど、たまアリはそんなことありませんでした。まあ、前回は俺自身初のストーンズということでテンション上がりまくってたんで全然気にならなかったけど、今日のライブと比べたら全然音悪かった。同じ1階席で比較したらそんなことないのかも知れないけど、やっぱ東京ドームはライブするにはデカ過ぎだよ。まあ、たかがロックンロールのライブで音質気にするのはナンセンスだと思うけど、悪いよりは良い方が得した気分になれるしね。

で、まあ音質の話とかはどうでも良くて、今日のライブで何よりも良かったのは客のテンション。最強だった。皆が皆、踊りまくり、跳ねまくり、歌いまくり、叫びまくり。そりゃ、こんな過去異例な法外な値段のライブだし盛り上って当然でしょ。まあ、値段云々じゃなくライブ自体がホントに凄かったけど。

特に凄かったのが「Midnight Rambler」とBステの演奏全部。

よくツェッペリンとかのライブを語るときグルーヴという単語が引き合いに出される事があるけど、ロックにおいてこの単語が使われるのは、ベースやドラムといったリズム隊を中心とし、バンド全体の演奏に一体感が出てるような状態を指すときだと思う。
過去のストーンズのライブとかDVDで見ててグルーヴを感じる事ってあまりなかったんだけど、今日の「Midnight Rambler」には凄まじいグルーヴを感じました。それこそホントにツェッペリンのライブかと思うほど。ホントもう「何だこりゃ!?」って感じの凄いグルーヴで、脳みそ持ってかれそうになりました。実際、俺の周りも皆ぶち切れてて、コレだけで満足ってくらい凄かった。

けど、凄いのはそれだけじゃなかった。最近のストーンズのライブの目玉、ステージ丸ごと移動。俗に言うBステ。コレも凄かった。
今回の来日公演でたまアリのチケットだけありえないくらい高かったんだけど(他公演も他のバンドのライブに比べたらありえない高さだけど)、その理由が「小さな会場なので会場全体が一つになれる」とか言う訳分かんない理由で、それ聞いたときは「はぁ?」とか思ったけど、、、いや正にその通りだった。
東京ドームのときはアリーナのブロックとブロックの隙間が結構あった上、1階席と2階席の間に大きな段差があったため、Bステに移動してもただ単にステージ移したって感じで一部の客が一体感を感じれただけだったんだけど、今回のたまアリはアリーナに隙間はほとんど無く、1階席と2階席に段差はなかったため、より客席が密集してて、その密集した客の中心にバンドが乗り込んできたって感じだった。そんな中で演奏するんだから、もう会場の盛り上り方がホント異常でヤバかった。あの時間あの場所にいた人々は正に一つになってたと思う。

セット・リスト自体は3月22日とそこまで変わらなかったけど、ライブの盛り上がりとしては今日のが全然上だった。

あと個人的には「悪魔を憐れむ歌」と「Paint It Black」の流れがが最高にクールでカッコ良かった、、、って、アレ?
デ・ジャ・ヴ?
そういや、前回この2曲がアレンジしてあるように感じたのは音質の所為だろうな。今日は普通だったんで。

あ、あと当ブログのタイトル「It's Only Rock'n Roll」も聞けました。
「たかがロックンロール。だけどオイラはそいつが好きなのさ」

他にも書きたい事は色々あるけど首と肩と腰と足と喉が痛いのでこの辺で。

ローリング・ストーンズ来日公演 (2006.3.22 東京ドーム) 

The Rolling Stones

SET LIST

Jumping Jack Flash
Let's Spend The Night Together
She's So Cold
Oh No Not You Again
Sway
As Tears Go By
Tumbling Dice
Rain Fall Down
Night Time Is The Right Time
This Place Is Empty (Vocal: Keith Richards)
Happy (Vocal: Keith Richards)
Miss You (B-stage)
Rough Justice (B-stage)
Get Off Of My Cloud (B-stage)
Honky Tonk Women (B-stage)
Sympathy For The Devil
Paint It Black
Start Me Up
Brown Sugar

(Encore)
You Can't Always Get What You Want
Satisfaction

ローリング・ストーンズが大好きだ。還暦過ぎても現役でロックかき鳴らす彼らの生き方こそ俺の理想の姿だ。そんな彼らのライヴを初めて体験できた。本当に心のそこから感動し、震えた。大げさでもなんでもなく、彼らこそ現存する最も偉大なロックバンドなんだと思った。正直、彼らのライヴっていわゆる懐メロオンパレードってイメージあったし、すごくエンターテイメント性の強いイメージがあったんだけど、昨日のライヴは本当に純粋で研ぎ澄まされたロックンロールのライヴだった。
もう何ていうか
「これがロックンロールだ!バカヤロー!文句あっか!」
「ないっす!」
こんな感じ。

一発目の「Jumping Jack Flash」からラストの「Satisfaction」までの2時間フルに楽しませてもらったけど、個人的には「悪魔を憐れむ歌」と「Paint It Black」の流れが最高にクールでカッコよかった。どちらもイントロが多少アレンジしてあって、原曲よりもダークな感じだったんだけど、それがめちゃめちゃよかった。特に「Paint It Black」は俺がストーンズ聞くきっかけになった曲で、カラオケで絶対歌う曲なんで、キースのギターでイントロが始まった瞬間発狂しそうになった。てか、発狂した。

あと、今回のライヴで思ったのは、ストーンズのことを「いまだ現役」って表現する事がよくあるけど、それはデビューから今までずっと活動してるからとかそうゆんじゃなくて、今でもピークの力を維持してるって意味なんだと思った。メンバー全員完璧にジジイと呼ばれる年齢で、実際ルックスもジジイだけど全然ダサくないし、演奏の仕方も物凄いクールで本当にカッコいいと思った。2004年ロック・オデッセイでのザ・フーの初来日公演も行ったけど、明らかにストーンズのがカッコいいと思った。ライヴ自体はザ・フーも最高に良かったけど、ピーク時に比べたら、やっぱ明らかに衰えたと思う。それに対しストーンズの場合、2006年の今現在でも十分バリバリで昔の彼らと比べても何の遜色もないところが凄いと思う。まあ、ザ・フーの場合ピーク時が凄過ぎたから仕方がないんだけどね。(ストーンズもザ・フーも60年代のライブはDVDでしか見たことありませんが)

中でも特に凄かったのはミック・ジャガー。還暦過ぎた体で東京ドームの馬鹿デカいステージを2時間フルに動きまくり、踊りまくり、叫びまくり。人間じゃないね。あの人は。

あと俺の親父と同世代の人たちがこぶし振り上げてシャウトしてんの見て、日本もまだまだ捨てたもんじゃないな~、って思ったりした。

最高のライヴでした。



ニッポン ユウショー オメデトー ジュッタイロク スゴイヨ

(映画) ラストデイズ 

Last Days

ラストデイズ
Last Days
2005年【米】
監督、脚本/ガス・ヴァン・サント 出演/ マイケル・ピット、ルーカス・ハース、アーシア・アルジェント、キム・ゴードン 音楽コンサルタント/サーストン・ムーア(ソニック・ユース)

 ギャラクシー・クエストの項でアートに比重した映画は、マニアックで好き嫌いの分かれる作品が多いといったことを述べたばかりであるが、本日観賞した映画『ラストデイズ』は正にその類の作品であろう。
 本作は1994年に27歳の若さで自らの命を絶ったロックンローラー、カート・コバーンにインスパイアされた作品で、ある有名ロックンローラー(ルックスはまんまカート・コバーン)が自殺(本作では主人公の青年の直接の死因は明らかにされていないが)するまでの2日間を描いた作品である。
 監督のガス・ヴァン・サントは前作で、1999年にアメリカのコロンバイン高校で起きた二人の男子生徒による銃乱射事件をもとにした映画『エレファント』を制作しているのだが、本作はそれの姉妹作ともいえる作品である。両作品ともストーリーというものが殆どなく、想像や記録に基づく事実を淡々と描いているだけで、果たしてこれは映画と呼べるものなのだろうかとも思える作品に仕上がっている。
 実際に起こった事件を映像という媒介を用い提起するだけで、それに対する答えは全て視聴者各人に任せるといったスタンスで、映画として多くの人が楽しめるものではないと思う。実際本作を映画館で見終えた後、多くの人が「つまらない」といっているのを耳にした。カート・コバーンという現在でも多くの若者から支持されるカリスマをモチーフにしているだけあって、多くの客は『シド・アンド・ナンシー』や『ドアーズ』のような伝記映画を期待していたのではないだろうか。
 私個人はなかなか良い作品であると思った。元々私自身がカート・コバーンの在籍していたNIRVANAというバンドのファンであり(以前コピーバンドもしてた)、また前作『エレファント』に大変衝撃を受けていたため、公開以前から「自分の好きなアーティストをモチーフにした映画があの『エレファント』の手法で描かれるのか」という思いで期待をしていたのだが、本作はまあその期待は十分に満たしてくれた。ただ欲を言えば、何故青年が人生に絶望したのかを示唆する描写をもう少し加えて欲しかった。『エレファント』では男子生徒がいじめを受けている描写などがあり、事件に至るまでの経緯がもう少し詳しく描かれていた。実際『エレファント』を見た直後はそうは思わなかったのだが、本作『ラストデイズ』と比較したら、ずいぶん分かりやすい作品であったと思う。逆に『ラストデイズ』はより分かりにくいものであったと思う。
 では、この『エレファント』や『ラストデイズ』のどのような部分が良いのかについてだが、何よりも作品全体がとても美しいのである。殺人や自殺といった非常に重いテーマを描いた作品ではあるのだが、人間の持つ心の弱さ、繊細さといった闇の部分にひたすらスポットライトをあて、それを否定も肯定もせずただ照らしているといった感じで、それが非常に心地良く美しいのである。
 結局のところ心に闇を持たない人間など存在しないわけで、自殺や殺人を犯す人間が特別なわけではないと思う。そういった心の闇にあえて目を向けてみるのは重要なことであると思う。

(映画) ギャラクシー・クエスト 

Galaxy Quest

ギャラクシー・クエスト
Galaxy Quesy
1999年【米】
監督/ディーン・パリソット 出演/ティム・アレン、シガニー・ウィーバー、アラン・リックマン、トニー・シャローブ、サム・ロックウェル、ダリル・ミッチェル

 人的な意見であるが、映画とは大きく分けて2種類あると思う。芸術性の高い映画か、娯楽性の高い映画か。前者の場合、マニアックで好き嫌いが大きく分かれる作品が多く、後者の場合、大衆受けはするものの、コアな映画ファンからは批判されがちになる傾向があるように思う。もちろんすべての映画がどちらか一方に偏っているわけではなく、その境界は明確ではないが、それでも娯楽作品か芸術作品かは感覚でなんとなく分かるものである。
 閑話休題。
 本作『ギャラクシー・クエスト』は100%の娯楽映画である。巷にいう「笑いあり、涙あり、感動あり」というフレーズが正に当てはまる作品で、ひたすらエンターテイメントというものを追求している。冒頭で娯楽性の高い映画はコアな映画ファンから批判されがちにあると述べたが、本作の場合、誰がみても観賞後は「あ~映画を見たな~」という満足感に十二分に浸ることができると思う。ジャンルは一言で言えばSFコメディで、一歩間違えれば安っぽくなってしまう危険なジャンルであるが、起承転結がしっかりしていて伏線やプロットが非常に丁寧に作られているため、なかなかの寡作に仕上がっている。幼い頃、ドラえもんの映画などに胸躍らせた方などにはぜひ見てもらいたい作品である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。