スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(映画) スピリット・ボクシング 

SHACKLES

スピリット・ボクシング
Shackles
2005年【米】
監督、脚本/チャールズ・ウィンクラー 出演/D・L・ヒューリー、ホセ・パブロ・カンティッロ、バリー・シャバカ・ヘンリー、クリステン・ウィルソン

 所のTSUTAYAで推薦作となっていたので借りてみた映画。日本未公開のインディー作品。原題の『SHACKLES』は手錠という意味なのだが、邦題は何故か『スピリット・ボクシング』。主人公の男がボクシング・ジムに通うシーンが一瞬登場するが内容にボクシングは一切関係ない。邦題を考えた人はどういった意味でこの題を付けたのだろうか。謎だ。未成年犯罪者を収容する刑務所に実験的に設置された学校を舞台とした物語である。

 D・L・ヒューリー扮する主人公のベン・クロスはかつては高校の数学教師であったのだが、3年前に起こした生徒への傷害事件が元で教師として再び教壇に立つ事ができなくなっていた。また、その事が原因で妻とも離婚していた。そんな彼の元にシャクルトン刑務所に新しく設置されたシャクルトン・アカデミーなる学校の教師としての仕事が舞い込む。教師としての再起を計る彼にとってそれは最後のチャンスでもあった。しかし刑務所の管理側の人間(所長や看守長)たちは人件費の無駄遣いという理由で学校の設置に否定的であった。また刑務所には毎日のように学校設置反対の団体がデモ活動を行いにやってくる。彼らは言う「犯罪者に教育を与えるな!!」と。そのような反発にあいながらもベンは少年達の才能を見つけ出そうと奮起する。そして生徒の一人である少年、ガブリエル・ガルシアのカリスマ性とある才能に気付く。その才能とは詩闘(リリック・バトル)である。ガブリエルはひたすら吠え続ける。刑務所の抱える矛盾を。「彼らは自分を更正させる気などないのだ」と。やがてこの詩闘(リリック・バトル)はベンと少年達を巻き込む大騒動へと発展していく…。

 反体制的な社会派映画であるが、ストーリーの起承転結がはっきりしているため非常に見やすかった。画面を2~4分割し複数のシーンを同時に映すという手法は非常に斬新で格好良いと思った。また「詩」というものが本作の重要なファクターであると思うのだが、物語の要所要所で効果的に使われていて非常に良かった。犯罪者への教育や更正についての個人的意見はあえて触れないが、映画としては相当面白い部類のものだと思う。

(音楽) Death to Birth 

 前感想を書いた映画『ラストデイズ』のDVDが今月の20日にレンタル開始されたのでもう一度見てみた。感想でも述べたとおりこの映画本当に賛否両論で、ネット上では結構ひどいバッシングもされているようであるが、今回再見してみて改めていい映画であると思った。中でもマイケル・ピットがアコギ一本で自身のバンドPagodaの曲である『Death to Birth』を演奏するシーンはどうしようもなく美しく哀しいシーンであると思う。この『Death to Birth』という曲、歌詞、メロディライン、コード進行どれをとってもとても退廃的なのだが、思わず聞き入ってしまうような美しさがあり正にこの『ラストデイズ』という映画を象徴するかのような曲であると思う(実際にこの曲が作られたのはマイケル・ピットが18か19歳の頃で、この映画のコンセプトすら生まれていなかった頃らしいけど)。




(映画) ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 

stoned

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男
Stoned (The Original Rolling Stone)
2005年【英】
監督/スティーヴン・ウーリー 出演/レオ・グレゴリー 、パディ・コンシダイン 、デヴィッド・モリッシー 、ベン・ウィショー 、ツヴァ・ノヴォトニー

 ライアン ・ジョーンズの項で触れた映画『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』を観賞した。予想してたのとはだいぶ異なる映画であったが、なかなか面白い映画であった。ブライアン・ジョーンズの貢でも述べたように、本作はブライアン・ジョーンズの伝記映画という触れ込みであったので、個人的に「ブライアンとミック、キースとの出会いから始まって、バンドがでかくなっていき、ブライアンが孤立して、最後に殺される」という単純明快な伝記映画だと勝手に思い込んでいたのだが、実際は全然違った。
 ブライアン・ジョーンズとフランク・サラグットが出会ってから、サラグットがブライアンをプールで殺すまでの約2ヶ月間の二人の奇妙な生活が本作の軸となるストーリーであるのだが、それ以前の話(ブライアンが10代のころの話とかブライアンの彼女がキースと寝ちゃう話とか)が時間軸を無視して散文的に導入されていて、伝記映画というよりもスタイリッシュな映像映画といった感じであった。個人的にはこういったスタイリッシュな映画は好きなのでなかなか楽しむ事ができた。
 また、ブライアン・ジョーンズが60年代ロックの象徴といわれているためだと思うが、導入曲の殆どが60年代の音楽であり、それがスタイリッシュな映像と相まっていて非常に良かった(ただ、金銭的な問題だと思うが、殆どの曲は現在のミュージシャンによるカヴァー曲であった)。中でも、ブライアンがミックやキースから見捨てられるシーンでボブ・ディランの『やせっぽちのバラッド』が流れるのは鳥肌物であった。この曲の歌詞で

>ここでは何かが起こりつつあるけど

>あんたにはそれが解らないのさ

>どうだい? ミスター・ジョーンズ

という下りがあるのだが、これはブライアン・ジョーンズのことであるとされている。あるいは、ブライアンが勝手に自分のことだと思い込んでいてこの曲をたいそう気に入っていたとされている。いずれにせよ、映像とマッチしていて非常に感慨深いシーンとなっていた。

 あえて言うまでもないことだが映画の見方や楽しみ方は人それぞれであると思う。上記の通り、個人的に本作は映像や音楽を楽しむ映画であり、無理にストーリーを追う映画ではないと思った。また私自身がそうであるのだが、ブライアン・ジョーンズに関してそこまでマニアックな知識を持っていなくても本作は十分に楽しめるものであると思う。特にロック好きなら手放しで絶賛できる最高の映画だと思う。

あなたがここにいてほしい 

Syd Barrett

シド・バレット(Syd Barrett、Roger Keith Barrett)
1946年1月6日~2006年7月7日(享年60歳)

今月の7日、シド・バレットが自宅で死んだらしい。死因は糖尿病に起因する合併症らしい。遅ればせながら、本日その訃報を知った。
正直、精神崩壊後の彼を考えると今まで生きていたことや病気で死んだことに違和感を感じる。

けど…なんか悲しいな…

心の底からご冥福をお祈りいたします。


…今夜は『夜明けの口笛吹き』、『The Madcap Laughs』、『その名はバレット』を聴き続けるか…


…やっぱ悲しいや…




(小説) 妖星伝 

妖星伝

妖星伝 鬼道の巻 1977年7月15日 第1刷発行
妖星伝 外道の巻 1978年2月15日 第1刷発行
妖星伝 神道の巻 1978年10月15日 第1刷発行
妖星伝 黄道の巻 1979年9月15日 第1刷発行
妖星伝 天道の巻 1980年9月15日 第1刷発行
妖星伝 人道の巻 1981年7月15日 第1刷発行
妖星伝 魔道の巻 1995年3月15日 第1刷発行

著者 半村 良
出版 講談社

 書は近年『戦国自衛隊』等で有名な半村良のSF/伝奇小説である。個人的には『戦国自衛隊』よりも、約20年の歳月をかけて書き上げられた本書の方が氏の代表作と呼ぶにふさわしい作品であると思う。一般にメディア等で本書が紹介される際、「日本SF小説界の最高傑作」と称されることが多いが、正にその通りの入魂の力作であると思う。後の日本の小説、漫画、ゲーム等に大きく影響を与えた作品でもある。
 主に田沼意次あたりの江戸時代の日本を舞台とした作品で、おおよそSFとはかけ離れた舞台設定である。実際、物語の前半はSF的要素よりも伝奇的要素の方が強い。しかし物語が進むにつれ話は急速に拡大していき最終的には、絶対者の存在、人間の起源、時間の概念、異星人、DNAといったモロSFな内容になっていく(同時に舞台も現代、宇宙、未来へと広がっていく)。特に本書のタイトルである「妖星」の意味が明らかになるシーンは圧巻である。またSF作品であると同時に非常に哲学的な作品でもある。人とは?愛とは?善とは?悪とは?生とは?死とは?といった生きていく上で誰もが一度は考えた事があるであろう疑問を追究しようとしている。
 そして何よりも素晴らしいのは、これだけあらゆるテーマを網羅しているにも拘らず、物語は発散することなく収束する点である。これだけ壮大になってしまうと、最終的に何が言いたいのか分からなくなってしまい作者の自己満足的な作品になってしまう恐れがあるものだが、本書はそれまでの複線やプロットが見事に絡み合いそして幕を閉じるのである。本当に非の打ち所のない素晴らしい作品であると思う。
 非常にボリュームがあるので時間がないと読むのは難しいと思う。私も数年前に読んで以来、いつか読み直そうと思っているのだがなかなか読めずにいる。しかし絶対に読んで損はしない作品であると思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。