スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(人物) マーシャル・D・ティーチ【Ⅰ】 

kurohige06




 ひげ(マーシャル・D・ティーチ)とは漫画『ONE PIECE』およびそれを原作にした同名のテレビアニメに登場する架空の海賊である。


以下黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)の台詞と考察。







其の一
ルフィ「このチェリーパイは死ぬほどマズイな!!!
黒ひげ「このチェリーパイは死ぬほどウメェな!!!」

ルフィ「このドリンクは死ぬほどウメェな!!!」
黒ひげ「このドリンクは死ぬほどマズイな!!!」

(単行本24巻より)

黒ひげ初登場時の台詞。とある酒場で偶然遭遇した麦わら海賊団(ルフィ、ゾロ、ナミ)と黒ひげ。そこで出された料理に対するルフィと黒ひげの感想は悉く反するものである。しかし、言葉の符丁はある種の共通性を示している。このやりとりは主人公モンキー・D・ルフィとの類似性を示しつつも、その感性は相反するものであることを示している。この二つの台詞からは明言できないが、黒ひげと言うキャラクターがワンピースと言う物語の裏の主人公であることを暗に示唆している台詞であると思われる。




其の二
黒ひげ「おめェ…海賊か…!?」
ルフィ「ああ そうだ!!」
黒ひげ「懸賞金は」
ルフィ「3000万!!!」
黒ひげ「3千万!?お前が…??」「そんなワケあるかァ ウソつけェ!!!」
ルフィ「ウソなんかつくかァ 本当だ!!!」

(単行本24巻より)

其の一の会話の後に続いた会話。この時点での懸賞金3000万ベリーは読者にとってはそこそこの高額である。この会話からは黒ひげがルフィを過小評価しているとのミスリードを読者に対して誘うが…(以下後述)
この後、黒ひげはルフィの前を去って行く。




其の三
「“空島”はあるぜ…」「何をくやしがるんだねーちゃん…」「今の戦いはそいつらの勝ちだぜ」

(単行本24巻より)

其の二で黒ひげがルフィの前から去った後、ルフィ、ゾロ、ナミの3人が空に浮かぶ島、通称“空島”についての情報を酒場のマスターに尋ねた所、同席していた(敢えて麦わら海賊団に会いに来た)ベラミー海賊団に愚弄される。「“空島”とは夢物語であり、今は海賊が夢を見る時代ではない」と。怒りの思いを内に抑えつつも3人は酒場を後にするのだが、その直後に発せられたのが酒場の前で寛いでいた黒ひげのこの台詞。この台詞から黒ひげもルフィと同じように夢を持つ海賊であると言える。また黒ひげのこの台詞を聞きルフィはシャンクスとエースという彼(ルフィ)にとって最も偉大で尊敬すべき二人の人物を連想する。このことから、黒ひげもまた彼ら(シャンクスとエース)と同じような器の持ち主であることが伺える。




其の四
「海賊が夢を見る時代が終わるって……!!?」

「人の夢は!!!」「終わらねぇ!!!!」

「そうだろ!!?」

「人を凌ぐってのも楽じゃねェ!!!」
「笑われていこうじゃねェか 高みを目指せば」「出す拳の見つからねェケンカもあるもんだ!!!!」

(単行本24巻より)

其の三の台詞の後に続く台詞。個人的にはワンピース史上、否、漫画史上最も偉大な台詞であると考えている。【人の夢は終わらない】とはワンピースと言う漫画の抱える一つのスローガンであり、作者である尾田栄一郎が読者に訴えたい最も重要な思想であると個人的には思っている(多分に拡大解釈であるかもしれないが)。このメッセージを訴えるために媒介とされている黒ひげというキャラクターはワンピースという物語においても、尾田栄一郎にとっても最も重要なキャラクターであると思われる。少年漫画の特性上、主人公は万人から親しめるイコン的キャラクターである必要がある。そう言った意味でモンキー・D・ルフィというキャラクターは打ってつけである。しかし、ワンピースというあまりにも完璧な少年漫画を描く尾田栄一郎という男にとっては、自分と同ジャンルの人間、つまり漫画が大好きな成人男性をも魅了したいと言う思いがあると考えられる。その為に創られたキャラクターが黒ひげことマーシャル・D・ティーチであると私は考える。




つづく(たぶん…)










スポンサーサイト

ランシド来日公演 (2009.10.11 スタジオコースト) 




本日ランシドのLIVEに行ってきました!!

新木場のスタジオコーストまで

いや~久々に硬派でパンキッシュなLIVEに行ったわ~

めちゃくちゃ面白かった






まず新木場の駅で降りて気付いたこと


革ジャン率高すぎ笑

5人に一人は革ジャン着てたね笑


色んな革ジャン見れたし
色んな着方見れたんでそれだけで面白かった

関東中のパンク・ロッカー大集結って感じ[m:87]

あんなに革ジャン率の高い人口分布は日常的に生活してる限りはまず見ないね笑




次いでスタジオコーストの話


スタジオコーストはクラブのイベントで何回か行った事はあるけど
LIVEの箱として行くのは今回が初


う~ん良かった


まずLIVE前のシステムが良かった

ワンドリンク制なんで、8割くらいのの人間がライヴ前にアルコール入れてるんだよね

そのお蔭で皆が皆普段よりテンション上がってんのね、、、



最高[m:50]


まあ、俺はLIVE前は飲んどくのがデフォルトだけどね



そいで箱としても良かった


デカ過ぎず小さ過ぎず

前に行きたきゃ行きゃ良いし、後ろでマッタリしたきゃマッタリすりゃ良いしって感じで


最近仕事の関係で徹夜が続いてたんで初めは後ろでマッタリするつもりだったけど、、、


客電が消えた瞬間俺の中で何かが切れた


兎に角、前へ前へ特攻

モッシュしまくりダイヴしまくり

アドレナリンが分泌されすぎてどうにも抑え切れなかった

ここ最近では考えられん程のテンションだった



だってMY三大グレッチストのティム・アームストロングが僅か2mくらいの距離に居るんだもん

アドレナリン出すなって方が無理っしょ



いや~、ティムのグレッチめちゃめちゃ格好良かったわ~

グレッチあそこまでボロボロにして使ってる奴なんてまず居ないだろうね
ティム以外で

ルイスレザーの革ジャンもコレでもかって位ボロくて格好良かった

本日集結した革ジャン着た人間の中で一番格好良かったわ~



ラーズの三沢光晴への追悼も魂に響いたしね






結論。
ロック最高!!
パンク最高!!
ティム・アームストロング格好良過ぎ!!




ですてねいしょんあんのおおん!!!!!!!!!!!

るーびるーびるびそーほー!!!!!!!!!






浅井健一LIVE(昭和女子大人見記念講堂) 

おそらく俺の人生で一番その【声】を聞いている日本人なんじゃないかな?>浅井健一。
15歳の時にBlankey Jet Cityを知って以来12年、コンスタントに聞き続けてきた【声】。
Blankeyはもちろんのこと、その後彼が在籍したバンド、Sherbets、AJICO、JUDEも程々に聞いている。個人名義になってからの曲はMTVで流れてんのたまに耳にするくらいだけど。

んで、そんなに聞き続けている【声】なのに今までに一度も生で聞いたことがなかったんで今日浅井健一のライブに行ってきた。
三軒茶屋にある昭和女子大まで。

う~ん。良いライブだった。本当に良いライブだったよ。
初めて生で見るグレッチ持ったベンジー(浅井健一)はとても格好良かったし、Blankey、AJICO、JUDEの曲も演ってくれたし、客のノリも上々で盛り上がってたし。

でもね、良いライブではあったんだけど、同時に哀しい現実に気付いてしまった。

俺は【浅井健一】が好きである以上に【Blankey Jet Cityの浅井健一】が好きであるという現実。
そして現在進行形の浅井健一にはそこまで魅力を感じないと言う現実。

Blankeyのライブは映像でしか見たことないんで直接的な比較はできないんだけど、
彼らの演奏には映像を越えて伝わってくる絶妙な緊張感がある。
浅井健一、照井利幸、中村達也の3人が常にお互いを意識しあい、煽りあっている感じ。
時には繊細で時には攻撃的な、「一触即発」と言う言葉が正に似合う緊張感。
その緊張感こそROCKの持つ初期衝動的なもんだと思うんだよね。

んで今日見た浅井健一のライブにはそんな緊張感を全く感じなかった。
マッタリ楽しく音楽をやっている感じだった。
【ロックンローラー】っつーより【アーティスト】って感じだった。

別にどっちの方向性が良いか悪いかって話じゃなくて、あくまで個人の好みの問題だと思うんだけどさ。
俺は言うまでもなく前者の方が好き。

だから今の浅井健一に魅力を感じなかったのも、受信側の俺が魅力を受けなくなっただけで、発信側の浅井健一に魅力がなくなったて訳ではないはず。

あるいは俺の中でBlankey Jet Cityと言うバンドが神格化されすぎているために今日のライブを色メガネで見てしまったのかも。

はたまた【音楽】を演り続けている人間に【ロックンローラー】を求め続けるのは一般ピーポーのエゴなのか。

何れにせよBlankey Jet Cityには是非とも復活してもらいたいものです。
そんなことを心のそこから願ったライブでした。


思い返せば今から9年前の2000年に、フジロックでのトリを勤めてBlankey Jet Cityは解散した。今でも語り草になる鬼気迫る演奏をして。あの頃俺は浪人生で受験生だった。当時の自分にはフジロックに行く金も余裕もなかった。

けど、今思い返せば行っときゃ良かったな~。どうせもう一年浪人することになるんだし。
長い目で見れば、Blankeyのラストライブと大学受験なんて秤に架けるのがちゃんちゃら可笑しいわ(笑)
当時の自分には全く想像出来ないことだけどね。





伝説のサラレナイ(フジロック2000)


ダウンタウンとの絡みも何とも言えぬ絶妙な緊張感が漂っているね

(漫画) 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 

The World Is Mine

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン
新井英樹 エンターブレイン

 本漫画史上に残る名作だとか、『火の鳥』、『デビルマン』に次ぐ第3の漫画だとか、方々で絶大な評価を受けてる漫画、『ザ・ワールド・イズ・マイン』の復刻版、『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』を全5巻衝動買いして一気に読んじゃいました。

 何かこの漫画って、週刊ヤングサンデーに1997年から2001年まで連載されてて、単行本も全14巻が小学館から販売されていたのに、すぐに絶版になっちゃったとかで、昨年2006年に復刻版がでるまで購入不可能だったらしい。そんな経緯があったり、最初に書いたようなものすごい賛辞を受けてたりで半ば伝説化されてる漫画らしいんだけど、つい最近までその存在すら知りませんでした。1997年から2001年っていったら自分の中では人生でもっとも漫画読んでた時期なのに、何で知らなかったんだろ。逆に知らなかったおかげでのめり込んで一気に読むことができたけど。

 物語の内容は、トシとモンと呼ばれる二人のテロリスト(通称トシモン)が無目的に警察署襲ったり、一般市民大量に虐殺したり、ヒグマドンと呼ばれる正体不明の怪獣が突如出現したりで日本中が震撼して、最終的には地球規模の問題になっちゃうってのが軸なんだけど、はっきり言ってストーリー自体はどうでも良かったりする。何て言うかこの漫画、物語が楽しいとか面白いとかそうゆうんじゃないんだよね。作品全体に一貫したテーマがあって、作者が作中に登場する様々な人物を使ってそのテーマを読者にひたすら訴えかけてきて、読者はそのテーマについて自分なりに考えて楽しむっていうか、う~ん、上手く言えないけど、そこから自分なりの答えを見つけるっていうか、まあそんな感じ。後半はもう漫画というより完成された一つの文学作品だし。
 
 で、そのテーマってのが、「暴力と死とヒューマニズム」だと思う。
 
 暴力からくる死とそこから生まれるヒューマニズムってこの作品以前にも以後にも色んな作家、漫画家、映画監督が挑んできたテーマだと思うけど、それに関する自分の意見を相手に伝えることって凄く難しいことだと思う。そもそも明確な答えなんてないテーマだと思うし、深く追求しすぎると個人の哲学の押し付けになっちゃったりするし、えらく難解なものになっちゃたりすると思う。それはそれでいいと思うし、そういった作品(例えば『地獄の黙示録』なんかがそうだと思う)も個人的には凄く好きだけど、この作品の良さというか上手さってのはそうなってないところだと思う。
 登場する人物一人一人が凄く丁寧に作られていて、そういった人物達が自分の意見として暴力や死やヒューマニズムを体現したり語ったりするんだけど、それらのセリフや描写の一つ一つがめちゃくちゃインパクトがあって凄く印象的。そうすることで作者の持つ哲学みたいなものが読者に自然に入ってくる感じで、そういった作りが本当に上手いと思う。あと、主人公であるトシモンに殺されてしまう人物達が被害者というただの「記号」になっていないところも大きなポイントだと思う。作者自身がインタビューで、「この作品において殺人のシーンではできるだけ自分が被害者になったつもりで描いている」とか、「決して暴力をスタイリッシュにではなくリアルに描いている」みたいな事を答えていたんだけど、おそらくそうすることで死を伴う暴力の悲惨さを強調しているんだと思う。また、それによって読者は不条理な暴力を不快に感じざるを得ないようになっているんだと思う。極端な暴力を描くことで暴力を否定してるっていうか、肯定はしないぞってスタンスだと思う。

 あと、この作品を読んですごく思ったのは、この人キューブリックの映画が好きなんだろうな~、ってこと。前半のモンの暴力に『時計じかけのオレンジ』を感じたし、ラストシーンには『2001年宇宙の旅』を感じた。インタビューでヒグマドンの正体はモノリスだとか言ってるし。


 過度の暴力シーンやトラウマになりかねないエピソード満載で、普段そういった作品に触れたことがない人は生理的に受け付けない漫画だと思うけど、そうでない人は絶対読んで損はしない漫画だと思う。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ来日公演 (2007.6.5 東京ドーム) 

Red Hot Chili Peppers

SET LIST

Intro Jam
Can't Stop
Dani California
Scar Tissue
Jam~Charlie
Readymade
Throw Away Your Television
Blood Sugar Sex Magik
John Fruciante's solo (SOS~Songbird)
Snow((hey oh))
Get On Top
C'mon Girl
Me & My Friend
Don't Forget Me
Tell Me Baby
Californication
By The Way

(Encore)
Drum Solo~Flea's Trumpet Solo
Under The Bridge
Give It Away
End Jam

6月5日のレッチリのライブに行ってきました。去年の3月にストーンズのライブ行って以来の一年ぶりのライブ。昔はライブに行くのが日課みたいな生活してたのに最近は全然行けてないな~、、、夏フェスはもう3年行ってないし、、、来年からは社会人だし更にライブ頻度は落ちるんだろうな、、、とグチから始まったけど、改めて、

レッチリのライブに行ってきました。

いや~、ロックのライブは良いね。しかもレッチリだしね。去年のストーンズ同様、東京ドームという大箱なせいで音は決して良くなかったけど、そんなんどーでも良いくらいに興奮した。ものすごい大量にアドレナリンが分泌したし。やっぱロックのライブは良いわ~。
特にやばかったのが「Blood Sugar Sex Magik」。正直久々のライブ参戦って事もあって最初の数曲はそこまで乗り切れない部分があったんだけどこの曲で一気に持ってかれた。それまで60%くらいだったテンションが120%まで急上昇。この曲のライブヴァージョンって聞いたことなくて、今回初めて聞いたんだけど、めちゃくちゃカッコ良かった。原曲よりも重くて冷たい感じがして、超絶クールだった。
で、この曲終わってからしばらくは落ち着いて、まあ70~80%くらいのテンションで観戦してたんだけど(それでもはたから見たら相当ぶっ飛んでただろうけど)、アンコール前ラストの曲「By The Way」で再び120%状態。会場全体の盛り上がりのピークは多分ここだったと思う。レッチリのライブってファン層が相当バラバラだと思う。レッチリをチリペと呼ぶことにポリシーを感じてるようなマニアも居るだろうし、とりあえずレッチリだし行っとくかって感じのロック好き(俺がこれに該当)やフツーにレッチリが好きな人も居て、歌謡曲の延長線上にレッチリがある人や映画『デスノート』見てレッチリに興味持った人も居ると思う。それぞれに盛り上がるポイントってのがあるだろうけど、そのポイントが一つになる曲が「By The Way」だと思う。それを良しとしない、コアなファンだって自分の意思に反して盛り上がっちゃうもんだと思う。何ていうかいわゆる鉄板ってやつだね。
アンコールのフリーのトランペット、「Under The Bridge」、「Give It Away」も良かったし、ジョンのマスターベーションみたいな締めのギターも良かった。

やっぱロックって良いな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。