スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(映画) スピリット・ボクシング 

SHACKLES

スピリット・ボクシング
Shackles
2005年【米】
監督、脚本/チャールズ・ウィンクラー 出演/D・L・ヒューリー、ホセ・パブロ・カンティッロ、バリー・シャバカ・ヘンリー、クリステン・ウィルソン

 所のTSUTAYAで推薦作となっていたので借りてみた映画。日本未公開のインディー作品。原題の『SHACKLES』は手錠という意味なのだが、邦題は何故か『スピリット・ボクシング』。主人公の男がボクシング・ジムに通うシーンが一瞬登場するが内容にボクシングは一切関係ない。邦題を考えた人はどういった意味でこの題を付けたのだろうか。謎だ。未成年犯罪者を収容する刑務所に実験的に設置された学校を舞台とした物語である。

 D・L・ヒューリー扮する主人公のベン・クロスはかつては高校の数学教師であったのだが、3年前に起こした生徒への傷害事件が元で教師として再び教壇に立つ事ができなくなっていた。また、その事が原因で妻とも離婚していた。そんな彼の元にシャクルトン刑務所に新しく設置されたシャクルトン・アカデミーなる学校の教師としての仕事が舞い込む。教師としての再起を計る彼にとってそれは最後のチャンスでもあった。しかし刑務所の管理側の人間(所長や看守長)たちは人件費の無駄遣いという理由で学校の設置に否定的であった。また刑務所には毎日のように学校設置反対の団体がデモ活動を行いにやってくる。彼らは言う「犯罪者に教育を与えるな!!」と。そのような反発にあいながらもベンは少年達の才能を見つけ出そうと奮起する。そして生徒の一人である少年、ガブリエル・ガルシアのカリスマ性とある才能に気付く。その才能とは詩闘(リリック・バトル)である。ガブリエルはひたすら吠え続ける。刑務所の抱える矛盾を。「彼らは自分を更正させる気などないのだ」と。やがてこの詩闘(リリック・バトル)はベンと少年達を巻き込む大騒動へと発展していく…。

 反体制的な社会派映画であるが、ストーリーの起承転結がはっきりしているため非常に見やすかった。画面を2~4分割し複数のシーンを同時に映すという手法は非常に斬新で格好良いと思った。また「詩」というものが本作の重要なファクターであると思うのだが、物語の要所要所で効果的に使われていて非常に良かった。犯罪者への教育や更正についての個人的意見はあえて触れないが、映画としては相当面白い部類のものだと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://knp1982japan.blog14.fc2.com/tb.php/24-38a99812

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。