スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローリング・ストーンズ来日公演 (2006.3.22 東京ドーム) 

The Rolling Stones

SET LIST

Jumping Jack Flash
Let's Spend The Night Together
She's So Cold
Oh No Not You Again
Sway
As Tears Go By
Tumbling Dice
Rain Fall Down
Night Time Is The Right Time
This Place Is Empty (Vocal: Keith Richards)
Happy (Vocal: Keith Richards)
Miss You (B-stage)
Rough Justice (B-stage)
Get Off Of My Cloud (B-stage)
Honky Tonk Women (B-stage)
Sympathy For The Devil
Paint It Black
Start Me Up
Brown Sugar

(Encore)
You Can't Always Get What You Want
Satisfaction

ローリング・ストーンズが大好きだ。還暦過ぎても現役でロックかき鳴らす彼らの生き方こそ俺の理想の姿だ。そんな彼らのライヴを初めて体験できた。本当に心のそこから感動し、震えた。大げさでもなんでもなく、彼らこそ現存する最も偉大なロックバンドなんだと思った。正直、彼らのライヴっていわゆる懐メロオンパレードってイメージあったし、すごくエンターテイメント性の強いイメージがあったんだけど、昨日のライヴは本当に純粋で研ぎ澄まされたロックンロールのライヴだった。
もう何ていうか
「これがロックンロールだ!バカヤロー!文句あっか!」
「ないっす!」
こんな感じ。

一発目の「Jumping Jack Flash」からラストの「Satisfaction」までの2時間フルに楽しませてもらったけど、個人的には「悪魔を憐れむ歌」と「Paint It Black」の流れが最高にクールでカッコよかった。どちらもイントロが多少アレンジしてあって、原曲よりもダークな感じだったんだけど、それがめちゃめちゃよかった。特に「Paint It Black」は俺がストーンズ聞くきっかけになった曲で、カラオケで絶対歌う曲なんで、キースのギターでイントロが始まった瞬間発狂しそうになった。てか、発狂した。

あと、今回のライヴで思ったのは、ストーンズのことを「いまだ現役」って表現する事がよくあるけど、それはデビューから今までずっと活動してるからとかそうゆんじゃなくて、今でもピークの力を維持してるって意味なんだと思った。メンバー全員完璧にジジイと呼ばれる年齢で、実際ルックスもジジイだけど全然ダサくないし、演奏の仕方も物凄いクールで本当にカッコいいと思った。2004年ロック・オデッセイでのザ・フーの初来日公演も行ったけど、明らかにストーンズのがカッコいいと思った。ライヴ自体はザ・フーも最高に良かったけど、ピーク時に比べたら、やっぱ明らかに衰えたと思う。それに対しストーンズの場合、2006年の今現在でも十分バリバリで昔の彼らと比べても何の遜色もないところが凄いと思う。まあ、ザ・フーの場合ピーク時が凄過ぎたから仕方がないんだけどね。(ストーンズもザ・フーも60年代のライブはDVDでしか見たことありませんが)

中でも特に凄かったのはミック・ジャガー。還暦過ぎた体で東京ドームの馬鹿デカいステージを2時間フルに動きまくり、踊りまくり、叫びまくり。人間じゃないね。あの人は。

あと俺の親父と同世代の人たちがこぶし振り上げてシャウトしてんの見て、日本もまだまだ捨てたもんじゃないな~、って思ったりした。

最高のライヴでした。



ニッポン ユウショー オメデトー ジュッタイロク スゴイヨ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://knp1982japan.blog14.fc2.com/tb.php/15-42f9dc39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。