スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(人物) マーシャル・D・ティーチ【Ⅰ】 

kurohige06




 ひげ(マーシャル・D・ティーチ)とは漫画『ONE PIECE』およびそれを原作にした同名のテレビアニメに登場する架空の海賊である。


以下黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)の台詞と考察。







其の一
ルフィ「このチェリーパイは死ぬほどマズイな!!!
黒ひげ「このチェリーパイは死ぬほどウメェな!!!」

ルフィ「このドリンクは死ぬほどウメェな!!!」
黒ひげ「このドリンクは死ぬほどマズイな!!!」

(単行本24巻より)

黒ひげ初登場時の台詞。とある酒場で偶然遭遇した麦わら海賊団(ルフィ、ゾロ、ナミ)と黒ひげ。そこで出された料理に対するルフィと黒ひげの感想は悉く反するものである。しかし、言葉の符丁はある種の共通性を示している。このやりとりは主人公モンキー・D・ルフィとの類似性を示しつつも、その感性は相反するものであることを示している。この二つの台詞からは明言できないが、黒ひげと言うキャラクターがワンピースと言う物語の裏の主人公であることを暗に示唆している台詞であると思われる。




其の二
黒ひげ「おめェ…海賊か…!?」
ルフィ「ああ そうだ!!」
黒ひげ「懸賞金は」
ルフィ「3000万!!!」
黒ひげ「3千万!?お前が…??」「そんなワケあるかァ ウソつけェ!!!」
ルフィ「ウソなんかつくかァ 本当だ!!!」

(単行本24巻より)

其の一の会話の後に続いた会話。この時点での懸賞金3000万ベリーは読者にとってはそこそこの高額である。この会話からは黒ひげがルフィを過小評価しているとのミスリードを読者に対して誘うが…(以下後述)
この後、黒ひげはルフィの前を去って行く。




其の三
「“空島”はあるぜ…」「何をくやしがるんだねーちゃん…」「今の戦いはそいつらの勝ちだぜ」

(単行本24巻より)

其の二で黒ひげがルフィの前から去った後、ルフィ、ゾロ、ナミの3人が空に浮かぶ島、通称“空島”についての情報を酒場のマスターに尋ねた所、同席していた(敢えて麦わら海賊団に会いに来た)ベラミー海賊団に愚弄される。「“空島”とは夢物語であり、今は海賊が夢を見る時代ではない」と。怒りの思いを内に抑えつつも3人は酒場を後にするのだが、その直後に発せられたのが酒場の前で寛いでいた黒ひげのこの台詞。この台詞から黒ひげもルフィと同じように夢を持つ海賊であると言える。また黒ひげのこの台詞を聞きルフィはシャンクスとエースという彼(ルフィ)にとって最も偉大で尊敬すべき二人の人物を連想する。このことから、黒ひげもまた彼ら(シャンクスとエース)と同じような器の持ち主であることが伺える。




其の四
「海賊が夢を見る時代が終わるって……!!?」

「人の夢は!!!」「終わらねぇ!!!!」

「そうだろ!!?」

「人を凌ぐってのも楽じゃねェ!!!」
「笑われていこうじゃねェか 高みを目指せば」「出す拳の見つからねェケンカもあるもんだ!!!!」

(単行本24巻より)

其の三の台詞の後に続く台詞。個人的にはワンピース史上、否、漫画史上最も偉大な台詞であると考えている。【人の夢は終わらない】とはワンピースと言う漫画の抱える一つのスローガンであり、作者である尾田栄一郎が読者に訴えたい最も重要な思想であると個人的には思っている(多分に拡大解釈であるかもしれないが)。このメッセージを訴えるために媒介とされている黒ひげというキャラクターはワンピースという物語においても、尾田栄一郎にとっても最も重要なキャラクターであると思われる。少年漫画の特性上、主人公は万人から親しめるイコン的キャラクターである必要がある。そう言った意味でモンキー・D・ルフィというキャラクターは打ってつけである。しかし、ワンピースというあまりにも完璧な少年漫画を描く尾田栄一郎という男にとっては、自分と同ジャンルの人間、つまり漫画が大好きな成人男性をも魅了したいと言う思いがあると考えられる。その為に創られたキャラクターが黒ひげことマーシャル・D・ティーチであると私は考える。




つづく(たぶん…)










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。